あすなろの1日 未就園児クラスのご紹介

あすなろの1日 話し合う、考える。

子どもたちの発想力は無限大!

「今日は何を作ろうか?」「どんな材料が必要かな?」
あすなろでは、製作活動ひとつとっても、先生が決めた見本通りに作るということはありません。年齢や発達段階に応じて基本的なカリキュラムを用意しますが、どう発展させるかは子どもたちと話し合って決めていきます。もちろん、スムーズに決まらないこともたくさんあって、どうしたら良いかを先生も子どもも一緒になって考えます。
考えて考えて、ようやくみんなが納得できる結論を見出せた時、ひとつの活動が深く広く発展していきます。子どもたちの満足感や達成感も大きく大きく膨らみます!

おにぎり屋さん・ある年少クラスのものがたり

ある日、先生に読んでもらったおにぎりの絵本が気に入った子どもたちは…。

ねえねえ、みんなでおにぎり作ろうよ!

たくさん出来ちゃった!さあ、どうする?

そうだ!おにぎり屋さんにしよう!

さっそく看板作りに発展して…、いよいよ開店!

いらっしゃいませ!いくつですか〜?

クラスや学年の枠を越え、いろんなお客さまが
やってきました。みんなで楽しもう!

食べるところは、こちらで〜す!

イートインコーナーも用意して、お茶のサービスまで!

「お店屋さんごっこ」の経験が活きて、年少クラスの子どもたちにとってはじめての接客も堂々とできました。

そして、後日。

『おうちの方とクッキング』で、おにぎり作りに挑戦。
もちろん、子どもたちは大変盛り上がりました!

△このページのトップへ